家庭用脱毛器の失敗しない選び方

 

家庭用脱毛器を欲しいけれど「どれを選べば良いか分からない方」

 

 

そんな迷える子羊は多いと思います。
私もたくさんの口コミに惑わされてきた一人です。

 

 

 

>>今すぐ脱毛器一覧表を見たい方はコチラ

 

 

 

「残念なことに業者の自演があるかも」との意見にも出会ったりして更に惑わされました。

 

 

 

しかし「ツルスベ肌への夢・脱毛への熱い思い」がどうしても忘れられませんでした。

 

 

 

そこで私は何百もの口コミをジッと睨み、家庭用脱毛器を夢中になって調べました。

 

 

 

その経験から生まれた必勝法が「家庭用脱毛器の失敗しない選び方」です。

 

 

 

この「選び方」は楽天市場や@コスメの口コミで「失敗した!」と嘆いていた人の意見を分析し生まれました。

 

落ち込む女性

 

 

 

何百もの失敗した人の口コミを分析した結果

 

 

 

失敗した理由を2つ発見したのです。

 

 

 

 

 

 

1:自分に合った家庭用脱毛器を選んでいない

 

言い換えると、購入した商品の特徴を知らずに買ってしまったということです。

 

 

2:家庭用脱毛器の使用方法・注意事項を守っていない

 

ほとんどの人が家庭用脱毛器を扱うのは初めてです。
それにも関わらずオリジナルの使用方法・使用頻度で脱毛を行っています。

 

なぜこのような現象が起きるのでしょうか。

 

 

 

「取扱説明書」を読むのが面倒だから。

 

 

 

この一点でしょう。とてもよく分かります。
携帯電話の説明書であれば・・・読まなくても良いかもしれません。

 

 

 

しかし、私たちは家庭用脱毛器の扱いに関しては「ドド素人」です。

 

 

 

ドド素人がオリジナルの使用方法で脱毛を行い、最大限の脱毛効果を得ることは・・・

赤ちゃん

 

 

 

 

できないでしょう。

 

 

 

 

プロの開発者が「こうして、これくらいの頻度で、注意事項を守ってねー」と言っているのだから、その通りに行うべきです。

 

 

 

うわっ!そんなの面倒!と思った方は・・・

 

 

高い費用を払い「プロの医療レーザー」を受けることをおすすめします。

 

 

 

つまり「家庭用脱毛器の失敗しない選び方」とは・・・

 

 

 

 

1:自分に合った家庭用脱毛器を選ぶ

 

2:選んだ機種の使用方法・注意事項を厳守する

うっとりしている女性

 

 

 

 

以上の2点だけです。

 

 

では、商品を選ぶ具体的な手順を記載します。

 

 

 

 

 

1:譲れないポイントの優先順位を決める

 

※()内は比較表で参考すべき項目になります

 

 

●コスト(①本体価格・②ショット数・③消耗品価格)
●脱毛の痛さ(④タイプ・⑤レベル・⑥痛さ)
●脱毛効果(⑦効果)
●脱毛したい場所(⑧使用NG部位・⑨ビキニライン)
●脱毛時間(⑩照射面積・⑪使用頻度)
●保証内容(⑫保障内容)

 

 

「痛くなくて、脱毛効果があり、価格も安くて、どこにでも使用でき、更にお手軽」

 

 

そんな家庭用脱毛器はドラえもんでも出せません。
では、譲れないポイントの優先順位が決まったところで、次の手順です。

 

 

 

 

2:商品の特徴を抑える

 

先ほど挙げた「重視ポイント」と以下の一覧表の「項目」を見ていきます。
記載してある5機種は私が厳選した脱毛器になります。

 

 

譲れないポイントに該当しない脱毛器は、泣きながら消していってください。

 

 

 

【家庭用脱毛器比較表】

 

家庭用脱毛器 ケノン ラヴィ トリア4x センスエピ ノーノーヘア
①本体価格 70,800円 49,000円 49,800円 39,000円 29,800円
②ショット数 5万発(LV1) 2万発(LV1) 500回充電 750発

チップ:約8時間
バッファー:約1ヶ月
充電:500時間

③消耗品価格

5,000円:カートリッジ
7,700円:カートリッジ
※1

4,200円:カートリッジ
ジェル類:3,150円

なし※2 5,250円:カートリッジ

チップ×2:2,200円~
バッファー:1,600円~
電池:なし※2

④タイプ フラッシュ フラッシュ レーザー フラッシュ 熱線
⑤レベル 10段階 7段階 5段階 5段階 3段階
⑥痛さ※3 ×
⑦効果
⑧使用NG部位 Iライン・Oライン うなじ・Oライン

鼻から上・乳首
Iライン・Oライン

鼻から上・乳首
Iライン・Oライン

鼻から上・乳首
Iライン・Oライン

⑨ビキニライン※4 Vライン可能 Vライン・Iライン可能 Vライン可能 Vライン可能 Vライン可能
⑩照射面積 2×3.5cm 2×3cm 直径1cm(円) 2×3cm ローラー式
⑪使用頻度 10日に1回程度 10日に1回程度

【最初の3ヶ月】
2週間に1回
【3ヶ月以降】
月に1回

【最初の3ヶ月】
2週間に1回
【3ヶ月以降】
月に1回

【最初の1ヶ月】
週に2~3回
【1ヶ月以降】
月に4~5回

⑫保証内容

返金保証なし
修理保証1年

30日間返金保証
修理保証1年

30日間返金保証
修理保証1年

返金保証なし
修理保証1年

14日間返金保証
修理保証1年

公式サイト

 

>>詳細はコチラ

 

 

>>詳細はコチラ

 

 

>>詳細はコチラ

 

 

>>詳細はコチラ

 

 

>>詳細はコチラ

 

 

【補足説明】
※1:ケノンのカートリッジは本体と同時に購入すれば「3個まで3,780円」で購入可能です。通常価格はスリムと美顔用が5,000円、ラージが7,700円になります。
※2:充電タイプの場合、本体交換になります。500時間使用することはほぼないと思いますが「弱くなってきた」などの場合、トリアは19,950円で交換でき、ノーノーヘアは本体価格での交換になります。但し公式サイトで購入した方のみ該当。
※3:痛みの感じ方は「脱毛部位」「個人差」によって変わります
※4:Oラインの脱毛はどの家庭用脱毛器も適していません。

 

 

 

 

自分の譲れないポイントを満たす脱毛器を選ぶことができたと思います。

 

選ぶことができなかった人は「どこか譲る」かドラえもんにお願いしてください。

 

 

 

 

では、最後に「失敗しないための重要なポイント」です。

 

 

 

 

必ず「商品の取扱説明書」をじっくりと読んでから脱毛を行ってください。

 

 

 

よく分からない場合は必ず「サポートセンター」を利用しましょう。
自分の判断だけで、使用すると「効果的な脱毛結果」を得ることができないので必ず実践してくださいね。

 

 

 

私が総合的に評価し、太鼓判を押している脱毛器は「ケノン」です。

 

 

何と言っても「10年の歴史で40台以上の脱毛器を扱い、30万人のワガママを叶えてきた結果」が生んだ脱毛器ですから。悪い理由が見当たりません。

 

 

あっ、悪い点ありました。
「他の脱毛器より高い」「返金保証がない」

 

 

しかし、ツルスベお肌をゲットできるので「めちゃ安い」です。

 

 

 

ボタン


 

 

とは言え・・・「自分に合った家庭用脱毛器を選ぶ」ことが重要です。

 

一覧表から自分にピッタリの家庭用脱毛器をお選びください。